- ヘルニア

ヘルニア

人間の背骨は24個の骨で構成されています。そして椎骨と椎骨の間にはクッションの役割をはたす「椎間板」と呼ばれる一種の軟骨が存在します。

椎間板ヘルニアとは背骨の椎骨と椎骨の間のクッションの役割を果たしているこの軟骨(椎間板)が変性し、組織の一部が飛び出すことをいいます。
このとき飛び出した椎間板の一部が付近にある神経を圧迫し、その神経が支配する領域に痛みや痺れが発生します。
有病率は人口の役1%といわれ好発年齢は20~40代で比較的若い人にも多い病気です。

症状

椎間板ヘルニアの典型的な症状は「痛み」と「しびれ」です。
どこに痛みが出現するかは脊椎のどの部分で椎間板ヘルニアが起こっているのかによって違います。

頚椎椎間板ヘルニアの場合は頚や肩、腕~手に症状が現れます。
胸椎椎間板は頚椎や腰椎に比べ少ないのですが、下肢に症状がでます。
腰部椎間板ヘルニアが一番多く、腰やおしり、下肢にかけて痛みが発生し(坐骨神経痛)しびれも生じます。

身体の要である腰に痛みがあると、日常生活や運動時に大きな影響を与えます。

原因

  • 目や頚や腰に負担のかかる仕事をしている
  • 喫煙・肥満・遺伝的要素
  • デスクワークなどで長時間同じ姿勢でいる事が多い
  • 運動不足
  • 骨盤や背骨の歪み
  • 過去に頚や腰にケガをしたことがある

治療

痛みやしびれ等の症状を踏まえて筋力検査・神経症状検査・身体の歪みや姿勢の検査を行い原因を特定し、その原因1つ1つを改善していく施術を行います。
マッケンジー理論にもとずいた施術に合わせてマッサージや筋膜リリースを行い深部の血流を改善するだけでなく、骨盤矯正・筋肉調整・各種ストレッチなどで身体のバランスや姿勢の歪みを修正することにより、さらに治療効果が高まります。
院内で行う施術に加えご自宅でできるエクササイズやトレーニング指導も合わせて行なっています。


アクセス情報

所在地

〒471-0005
愛知県豊田市京ヶ峰1-2-2

休診日

水曜午後・土曜午後・日曜祝日

駐車場

12台あり