- スポーツ障害

スポーツ障害

スポーツ障害とは

スポーツによって起こったケガのことを言います。
急性の外傷と慢性の障害とに分けられ、外傷とは骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れ・腱断裂・靱帯損傷などです。
障害とは主にスポーツによる使いすぎ(オーバーユーズ)を原因として発生するものです。

腱・靱帯あるいはその付着部・関節軟骨などの関節構成体、さらには骨組織などに繰り返し負荷がかかることにより起こる組織の炎症や変性を来すものです。

よく起こるスポーツ障害としては、オスグッド・シュラッター病・ランナー膝・シンスプリント・野球肘・テニス肘・ジャンパー膝・タナ障害(タナ症候群)・などがあります。

原因

1. 使いすぎ(オーバーユーズ)

使いすぎによって筋肉をはじめとした運動器に炎症や痛みが生じます。
しっかりと休息を取らず疲労が抜け切る前に運動を重ねるとどんどん疲労と負荷が蓄積してケガが発生します。

2. ウォーミングアップ不足

ウォーミングアップはランニングやストレッチなど体温を高める準備運動です。
ウォーミングアップを行うことにより筋肉の温度が上がり筋肉も関節もスムーズに動くようになり、可動域が広がります。
しかしウォーミングアップをしっかり行わないと関節や筋肉への負担を和らげる効果が低くなりケガをする確率が高まります。

3. クールダウン不足

運動後に行う軽いランニングやストレッチがクールダウンです。
運動直後の筋肉に留まる血液を心臓に戻すとともに、運動に生じた疲労物質を筋肉から除去する役割があります。
これを怠ることにより血流が悪くなり筋肉が硬くなって炎症を起こしたり筋肉痛を起こしたりします。

運動フォーム

フォームが悪い状態で練習すると身体の一部しか使われなかったり、余計な部位に力が入ったりします。
こうした状態で練習を繰り返すと、筋肉・関節・腱などへの負担が大きくなります。
理想的なフォームは全身の筋肉や関節をバランス良く使えるので、個性や体型、体格に合わせて良いフォームを身に付けられるよう調整が必要です。

成長期

成長期の子どもは骨の軟骨組織がもろいため、大きな負荷を受けると炎症を起こすなどのダメージを受けてしまいます。
近年では自律神経やストレスとの関係も指摘されています。

練習環境・使用道具

ランニングなどは土のグラウンドの方が膝や足首への衝撃が軽く、アスファルトの一般道の方が障害が起こりやすくなります。
環境による身体への負担や各スポーツに使用する道具の選定も重要になります。

治療法

スポーツ障害は軽度の場合休養していれば回復するものもありますが、休養が長くなればなるほど復帰が遅れパフォーマンスが低下していきます。
痛む動作、痛み方、筋力検査やバランスの評価を行い原因を把握し、その原因一つ一つを改善していくための筋肉調整、ストレッチ、運動療法や動作指導も行なっていきます。

当院では痛みを取るだけではなく予防やパフォーマンスの向上にも力をいれていますのでぜひご相談下さい。
当院では患者様ができるだけ早くスポーツ障害から復帰し運動を開始できるよう全力でサポートさせていただきます。


アクセス情報

所在地

〒471-0005
愛知県豊田市京ヶ峰1-2-2

休診日

水曜午後・土曜午後・日曜祝日

駐車場

12台あり