- テーピング

テーピング

目的

指や手首、足などの関節に巻いて傷害を受けやすい部位を補強し、その動きを制限します。
ガチガチに固めるのではなくプレーに支障を来さない範囲で行い無理な力が加わっても捻挫を起こさないように関節の動きを制限します。

ケガの再発予防

一度ケガをしてしまうと同じ部位を再発しやすくなる傾向があります。
テーピングはこうした部位を補強し保護する効果があります。

現在の日本では主にケガの再発防止に着目しテーピングを施す事が一般的となっています。

効果

1. 可動域の制限

ケガは関節や筋肉の可動範囲を超えたために発生することがあります。
ケガを予防する目的でテーピングであらかじめ関節や筋肉間への負荷を減らすことが大切です。

2. 弱くなった部位の補強

一度ケガをしたことがある部位や弱くなっている部位を固定し補強を行います。
これはケガの再発防止に効果的です。

3. ケガへの恐怖感の軽減

過去にケガをしたプレイヤーはケガに対する恐怖を抱くことがあります。
テーピングで補強されている安心感で積極的にスポーツに復帰し、ケガをする前と同じように運動能力を発揮できます。


アクセス情報

所在地

〒471-0005
愛知県豊田市京ヶ峰1-2-2

休診日

水曜午後・土曜午後・日曜祝日

駐車場

12台あり